石田高聖氏のデイトレ講座

石田高聖氏は10年で40万円を3億円にまで増やして
カリスマデイトレーダーとして有名な方で
早稲田大学を卒業後、一度も就職はせずに株で生計を
立ててきた方です。

現在では一日に300万円、400万円を稼ぐ凄腕のデイトレーダーとして
知られています。
KOSEI式トレード法を確立してからは、投資コンサルトとして
会員向けに投資情報を配信しています。

石田高聖氏は下記のような方式でトレードを行っています。

9敗してもストップ高の1勝で利益を狙う投資法!
KOUSEI式トレード法は、9回ロスカットしても1回ストップ高を取れればいい!

ロスカット(損切り)は%ではなく金額で切れ!
大きな損失の場合、すぐに取り戻すのは、また大きな勝負をしないと
取り返すのは難しい!

2台以上のPCを使い投資効率を上げよ!
石田高聖氏は15台ものパソコンとモニターを使ってトレードしています。



デイトレで儲けるには資金200万円は用意したい!
資金が少なければ少ないほど、買える銘柄が限定されて儲けにくい!

石田高聖氏のテレビ出演情報



他のテレビ出演一覧
・ものしり一夜漬け(NHK)
・クロージングベル(テレビ東京)

過去に行ったセミナー



主催:ラジオNIKKEI (よみうりホール)
主催:カブドットコム証券 (津田ホール)
主催:SBI証券 (泉ガーデンタワー)

その石田高聖氏が配信する株の銘柄情報サービス

プラチナ会員サービス
KOSEI 式 デイトレ2.0 スイング2.0




石田高聖氏の出版書籍

■5時間でわかる!KOSEI式ネット株 デイトレ&スイング 必勝法
■KOSEI式超シンプルな投資術
■石田高聖がやさしく書いた株の入門

   

2010年05月27日

OECD:経済成長率予想を上方修正−新興国が回復をけん引

5月26日(ブルームバーグ):経済協力開発機構(OECD)は
2010年と11年の経済成長率予想を上方修正した。中国などの
新興市場国が債務負担の重い先進国を上回り、世界経済の成長をけん引する。

OECDは26日公表した報告書で、加盟30カ国の10年の
成長率見通しを2.7%とした。昨年11月時点では1.9%の成長を
見込んでいた。中国などの非加盟国を含めた世界の10年の
成長率は4.6%、11年は4.5%と予想した。06年まで10年間の
平均は3.7%だった。

今回のOECDの予測では、世界経済が約半世紀ぶりの
リセッション(景気後退)から脱出した後、新興諸国と
先進諸国間の成長格差が広がりつつある状況が浮き彫りになった。
ユーロは年初来で14%下落しており、公的債務が先進国の景気拡大を
脅していることを示しているとOECDは分析した。中国と
インドは景気過熱リスクがあるとしている。

OECDのパドアン事務次長(チーフエコノミスト)は報告書で
、「一番大きなリスクはソブリン債市場の動向に関係している」と述べ、
それ以外では、中国やインドなど一部の国で「急成長が失速する
シナリオは排除できず、金融政策をより強力に引き締める必要性がある」と分析した。
posted by デイトレーダー at 10:32| 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。